×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。



こちらは過去分でござい

2011年 6月

■6月30日
こんにちは蔵一です。
暑い日が続きますが皆さん体調は大丈夫でしょうか?僕は元気です。
というかもう今月終わってしまうわけで。今年も半分終わってしま
うわけで。早い、早すぎる……。あと2011年が半分しか無いだ
なんて。ショック!!
まあ、気を取り直して
レポートやろうかと思ってたんですが日がたちすぎてやる気無くし
たりしてる内にこんな時期に……。
今月あった事といえば。
12日にコミックライターズ8。14、15日に江の島鎌倉へ一泊
二日の小旅行。26日に東郷青児美術館とあれ結構行ってきたな。
何気にイベント多かったですね。
せっかくですし、ちょっと振り返ってみようと思います。
まず12日のコミックライターズから。
このイベントは現役漫画家8人&原作者2名主催で行われたチャリ
ティーイベントです。
元少年サンデー連載陣。それも90年代を支えた黄金期という豪華
な面子でした。
河合克敏/久米田康治/椎名高志/曽田正人/藤田和日郎 
/藤原芳秀/皆川亮二/村枝賢一/たかしげ宙/七月鏡一
もうこの面子が揃うだけでワクワクしませんか?僕はワクワクしま
した。
参加者は抽選で選ばれるのですが、ダメ元で送ってみたら当選して
いたというラッキーに恵まれ、行ってきました。
内容は二部構成で第一部が作家陣の持ち寄りによるチャリティーオ
ークション。第二部は作家陣によるサイン会という内容でした。
チャリティーオークションなのにお金がない。まあ空気だけでも味
わえればいいかと思っていたんですが、さすが社会人。ボーナス時
期も重なったせいか皆さんすごい金額ポンポン付けていました。
おっそろしいけど、僕も何度か競り落とした後にATMに駆け込み
たくなりました。
サイン会での出来事ですが吼えろペンは本当だったんだ。もうこの
一言に尽きます。会場の利用時間が終了してもサインが終わらず入
フロアの廊下でサイン会続行してるのを見てそう思いました。

次に江の島、鎌倉ですがちょうど紫陽花の時期でとても綺麗でした。
ぶっちゃけると鎌倉で寺巡りしてきただけなので特に書く事も無い
んですよね。
あ、そうそう銭洗弁天でお金洗ってきたので金運あがるといいなあ。
鳩サブレって神奈川なんですね。鳩が八幡様の使いだから鳩サブレ
なのかなあとか八幡宮回ってる時に思いましたが本当のところどう
なんでしょう?

最後に東郷青児美術館ですが、この美術館は新宿の損保ジャパンビ
ルにあります。
前々からゴッホのヒマワリが常設してある美術館という事で気にな
っていたのでこの度、思い切って行ってきました。
正直ヒマワリ以外はそんなに見る物ないかなーとか失礼な事思って
いました。
ところが美術館のフロアは広いし、展示数も多いしでびっくり。何
より東郷青児の絵がすごい!度肝抜かれました。
今まで東郷青児の作品を観た事無いと思うので初めて見ましたが、
これはすごい!感動しました。
半世紀前の作品だって中にはあるのに今見ても古臭さが無いのに驚
きました。
それと油彩の瑞々しさと言ったら、もう。
普通にポスター貼ってあっても違和感なさそう、とかCDのジャケ
ットにありそうとかそんな事考えちゃいましたね。
度肝抜かれた後に年表見て「あ、この人ヤベぇ。こりゃすごいわけ
だわ」と勝手に納得する始末。
年表にピカソのアトリエに出入りとか書いてあるところに時代を感
じますが、「はっ?ピカソ?えっ何それ」って感じでした。
帰ってwikiで調べましたけど、改めてすごい人だったんだなと思い
ましたよ。ええ。
東郷青児だけでお腹一杯になった所で目的のゴッホのヒマワリとご
対面。

やっぱりゴッホは凄いや。やはり証明とか額縁とか配置とか引き立
つようにしてるんでしょう。でも凄かった。
プラシーボ効果かもしれない。とは思ったりもしましたが、でも、
なんか凄い。本物の芸術には魂が宿るみたいな話がありますが、僕
は信じてます。オーラというか力がある。そんな印象を受けました。

結局、全部見て回るのに2時間オーバーとかなり長居してました。
入館料は500円ですので機会があったら一度足を運んでみては如
何でしょう?
それでは今日はこの辺で。



■6月15日
こんにちは蔵一です。
一泊二日の江の島、鎌倉旅行から帰ってきました。
旅行で疲れたので詳細はまた後日。
それでは今日はこの辺で。



■6月13日
こんにちは蔵一です。
昨日はコミックライターズ8に行ってきました。
コミックライターズ8って言うのは現役連載漫画家8人+原作者2
人の計10人によるチャリティイベントです。
元少年サンデー連載陣によるファンにとっては夢のようなイベント
でした。
明日から二日間鎌倉まで小旅行に行くので詳しい話はまた後日に。
併せて日記のネタにする予定です。
それでは今日はこの辺で。



■6月9日
こんにちは蔵一です。
今日は6月9日、ロックの日です。
僕の中でロックと言えば超人ロックを連想します。
という訳で超人ロックにちなんだ話でも書こうと思います。
ロックと出会ったのは中学生の頃、地元の古本屋さんでした。
そこで初めて読んだ愛蔵版のロックが面白くてファンになってもう
10年以上たっています。昔の漫画なのに面白い。そして未だ続い
ているんだから凄いと思います。
そんなロックファンが企画していた3月11日の超人ロックイベン
トは地震により当日中止となってしまいましたが、なんと7月にも
う一度やるそうです。
もう個人的には楽しみで楽しみでしょうがありません。
既にローソンでチケット予約もしてきました。
詳しい事は『超人ロック SPECIAL NIGHT 2011』で検索!
このイベントは原作者の聖先生もゲストで来られますが、ファンイ
ベントです。
ファンが集まって企画して原作者まで呼んでしまうんだから凄いバ
イタリティだと思いますよ。ホント。
超人ロック SPECIAL NIGHT 2011は7月8日開催!!
イベント開催まであと一ヶ月!!

それでは今日はこの辺で。



■6月8日
こんにちは蔵一です。
前回日記で当選告知しましたが、サークルスペースを間違えていた
事がわかりました。正しくは蔵一本舗は三日目東カ26aです。
前回の日記は修正してありますが、サークル様並びに皆様に謹んで
お詫び申し上げます。
間違った告知は全て訂正致しました。

大変失礼致しました。



■6月3日
こんにちは蔵一です。
コミケの当落が発表されました。
蔵一本舗は三日目東カ26aに配置されました。
今回のサークルカットはこちらになります。


という訳で三連続当選となりました。
過去の当選結果から考えて今回は落ちると思ったんですがねー。受
かりましたねー。ただ今回は成人島に配置されまして、なんでかっ
て言うと申し込み時期にエロ本出してみてーとか言っててそのまま
成人で申し込んだから。でも今ちょうど受かったら夏に出そうと思
って書いてるプロットは健全本だったりします。
んーどうしよっかな。せっかくの機会なので短編成人向けでも書い
てみようかな。

あ、いま死亡フラグがたった気がする。まあ修羅場自体は既に確定
しているので新刊出せるように頑張ります。
締切が出来ると張り合いが出てきますね。なんかこの手の修羅場が
近づくとワクワクしてくる自分が居ます。
こういうのを何て言うんでしょうね。

それと僕が描く訳ではありませんが、漫画を委託で出す予定です。
それでは今日はこの辺で。



■6月2日
こんにちは蔵一です。
今日は銀座クトゥルフ展第二期 邪神宮 深 に行ってきました。
内容は5月にあったクトゥルフ展の続きになります。
場所は銀座2丁目スパンアートギャラリーで今月4日まで開催中で
す。
当初の予定は先月の28日にあったサイン会に行くつもりだったん
ですが、うっかりサイン会の日にちを忘れていて買い物に出かけて
しまい、帰宅後ツイッターでサイン会があった事を知りました。
そこで急がなくていいやとずれ込んで今日となりました。
1日に先月注文したYシャツジャケットの仕上がるので受け取りつ
いでに行く予定でした。
結局、何時以降行けばいいか思い出せなくて結局1日は行く気無く
したんですけどね。
まあ夏用ジャケットを受け取り銀座へ。時間は既に16時を回って
たんですが、19時までやってるから迷子になっても間に合うだろ
うと考えながら銀座を彷徨い、ようやく辿り着いたのが17時頃で
した。
中に三人先客がいたのですが、どうやら知り合いらしく一般ぽくな
い印象を受けたのですが気にせず鑑賞開始。
台帳の脇に華が置いてあってよく見たら藤田和日郎先生から高橋葉
介先生宛のものでした。
サイン会当日藤田先生が来場したと言ってましたがまさか華まで用
意していたとは……。
前回と違うものを中心に二度三度とぐるぐる見て回っていてふと気
づきました。台帳の脇に置いてあるのが物販なのかと最初は思って
いたのですが、奥の方にスペースがあるっぽいなと奥に行ってみる
と、ありました。物販スペース。更に奥の方で何やらやってるみた
いでしたが、そこは気にせずマグカップ欲しいなーTシャツ欲しい
なーとか思いながら眺めてました。
サイン本のサインを確認したり物販を一通り堪能してもうちょっと
展示見ようかと再度展示スペースに戻りぐるぐる見て回ってました。
個人的なお気に入りはブロンズ像のクトゥルーです。黄衣の王も好
きですが、やっぱりクトゥルーが格好いい!!
絵だと宇宙からの色とパンティーズが微笑ましくて好きですね。
あとリリスって作品があったのですが、これをよく見ると実は皮を
被ってるんじゃないかと思い頭の中でジョジョがよぎってしまった
りとアホな事考えてしまいました。

そんなこんなで堪能したしそろそろ帰ろうかな、いやせっかく来た
んだからもうちょっと見ていこうと思ったその時でした。
先程、奥の方で作業していた一団がぞろぞろと出てきました。
業界の人なんだろうなーと思って見ていたら最後に凄い人が出てき
ました。
その人は和装に指ぬきグローブという出で立ちでした。髪は少し染
めていました。

そう、知っている人は知っている。その人は京極夏彦本人でした。
目を丸くしたっていうのはきっとああいうことを言うんだと思いま
す。驚きすぎて自分の目が飛び出るかと思いました。
えっ!?ええっ?!!ええーーーーーーーー!!!???
って感じで頭の中で芳樹!芳樹!京極!てスロット回ったり。指ぬ
きグローブ出ちゃったー。次にそれのコスプレ写真が。その後は駒
井悠先生の近況ネタとか、ご本人の写真とか、とにかく京極先生関
連の自分の知識がリピート再生されてました。
もう思考回路はショート寸前って感じでした。
なんで?なんで?なんで?今日サイン会だっけ?とか考えながらと
りあえず先生と一団から目が離せなくなっていました。
僕が入場した時に展示場で話し込んでた三人はその集団の関連の人
たちだったらしく話しているのを見て、ああやっぱり何となく違う
と思ったんだよねーとか思った直後気づきました。
あれ?ってことは一般人おれだけ?えーなにこの場違い感!!とか
まあチキンな僕はそんな事考えながらでも目が離せない状態で、最
後に台帳に記帳されていきました。
いや〜一緒にいた人が写真一緒に撮らせて下さい言ってたからいい
なあとか思いつつ、握手して下さいとか思ったけど結局言えずじま
いでした。
一団が去った後にギャラリーのスタッフさんに聞いたら、今回の第
二期は打ち合わせは別の所でやって会場にはまだ足を運んでなかっ
たそうで、それで見に来たとの事。ついでにサイン本に追加でサイ
ンしたりしていたそうです。それでも居た時間は一時間程度だった
とか。その間の来場者は自分含めてたった二人。もしかしたら京極
先生見れたのは自分だけかも……。
せっかくなので京極先生の次に台帳に記帳してサイン本買って帰り
ました。
そしたらスタッフさんが京極先生の来場記念にこの台帳とっておき
ますと言い出して、その台帳ノートじゃ無くて用紙タイプだったん
です。京極先生の下の段で丁度用紙が埋まってしまったわけで。
勢い余って恐れ多い事してしまった気がしてなりません。……コワ
ヒ。
そんなこんなで興奮冷めやらぬといった感じで展示を後にしました。
あと金土の二日しかないので興味のある方はお早めに。
今なら京極先生のサインも追加されたサイン本もまだありますよ〜。
それでは今日はこの辺で。




back